「冷たい犬」はいかが?〜オーブンなくても作れるお菓子、Kalter Hundをいただきました

ドイツの食べ物
この記事は約3分で読めます。
shirousagi
shirousagi

shirousagi(しろうさぎ)です。
ドイツに住んで早くも30年以上!

ピアノを教えながら、せっせと主婦業をやっています。
詳しくはプロフィールを見てくださいね。

甘いもの、特にチョコレートが大好きなので、どうしても午後のティータイムにはお菓子とかケーキが欠かせません。

すでに秋の気配を感じるドイツで、本日はこんなお菓子をいただきました。

その名も「kalter Hund

スポンサーリンク

kalter Hundとは何?

はい、これです。写真を見たら、「ああ、似たようなお菓子をケーキのレシピ本で見たわ」という方、結構いるかと思います。

ビスケットをチョコレートで包んであるお菓子。

オーブン不要のケーキ作り」とかに出てきそうな気がするのですが。

ビスケットをココナッツオイル入りのチョコレートクリームで固めたものなんですよね。

なぜ「冷たい犬」なのよ?

kalter Hund(カルターフント)とは直訳すると「冷たい犬」です。

え?冷たい犬?犬が・・・その・・・おなくなりに?(涙)

(kalt=冷たい、Hund=犬)

そんな悲しい意味の名前にはしてほしくないですよねえ。

この「Hund」(フント・犬)なんですが、本当は「Hunt」のことなんですって。

Huntというのは、鉱山とかで使われていたトロッコのことです。

これです。(それにしても、「いらすとや」さんって、すごいなあ。まさかトロッコがあるとは思わなかった)

この箱のようなトロッコの形が、Kalter Hundのお菓子の形に似ているから、とか。(お菓子を作る時に使うケーキ型の形に似ているから)

って、単なる箱の形でしょ?と言いたいけど。

そのトロッコのHuntから犬のHundに変わったんですって。

まあ、トロッコは知らない人がいても、犬の存在は皆知っているものね。

・・・名前も「犬」の方が可愛い!(あ、トロッコファンに失礼かな?)

で、「冷たい」は?

このお菓子、食べる前にしっかり冷やしてから食べるから、だそう。

現在だと食べる前に冷蔵庫に入れて、しっかり冷やしてから切り分けます。まあ、そうしないとチョコレートが溶けると困りますね。

kalter Hundはこれでできている

伝統的にはココアとココナッツオイルで出来たクリームビスケットです。

お家で作るとなると、生クリームを入れたココアクリームにする、など色々なバリエーションがあります。

というわけで、いただきました。

ビスケットに固まったココアクリームで、切り分けると崩れてしまいましたが。

それにしても、これ、重い!さすがはドイツのお菓子だわ。

カロリーは・・・見ないでおこう!(100g567kcalですってよ!)

↑パッケージのデザインが違うけれど、同じメーカーのKalter Hundです。

この「冷たい犬」はkalte Schnauze (冷たい(動物の)鼻)などとも呼ばれていますよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

応援クリックをありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました