今年初のIKEAに出かけてレストランを利用してきました

IKEA
この記事は約4分で読めます。

ドイツのデュッセルドルフ郊外、カールスト(Kaarst)という町にあるIKEA。デュッセルドルフにイケアが進出する以前からある店舗です。

2017年に同じ町内に移転して、とても広い店舗となったので、イケアといえばこのカールストという町にあるお店に出かけています。

で、せっかくIKEAまで足を伸ばしたら、広い店内を歩くと休憩が欲しくなるし、というわけで、必ずと言っていいほどレストランで食事も!

ところが、昨年の12月からの再度のロックダウンで、IKEAのお店は閉鎖。9月の今はロックダウンは解除されたけれど、私は昨年11月を最後にしばらくイケアには出かけていなかったのです。

スポンサーリンク

久々にIKEAにGO!

昨年の11月にイケアに出かけた時に「布団を買いたいな〜」。

でも結局その時はクローゼットを買い替えたばかりで布団を買うのは諦めたのです。

まさか、その後、ハードロックダウンになるとは思わず・・・

今年に入ってから何かと忙しい日が続いて、布団の買い替えどころではない日々。しばらくイケアに行くことを考える余裕なし。

だけど、ですよ、本日はとても良いお天気!ちょっとドライブ兼ねて・・

布団を見に行こう!

せっかくIKEAまで来たので、レストランへGO!

というわけで、イケアまでドライブです。

イケアでレストランまで店内を歩いたら、レストランへGO!

現在、レストランは3Gルールが採用されています。

3Gルールとは・・・

  • コロナに感染して快復している(Genesene)
  • コロナのテストをしてもらって陰性証明を持っている(決められた時間以内)(Getestete)
  • コロナワクチンを接種完了している(Geimpfte)

この3つの条件のどれかにあてはまらないと、感染状況によっては、レストランやイベントに参加できない、というルール

私は8月18日にコロナワクチンの2回目を接種。それから2週間以上経過しているので、ワクチンパスポート有効です!

レストランの入り口でスマホに入っているデジタルワクチンパスポートと身分証明書(ビザのカードでよかった)を提示すると、レストラン利用可で、利用するテーブルの番号札をもらいました。

去年は使用テーブル指定の上、紙に住所、氏名、連絡先を記入して提出する義務があったけれど、今回は連絡先提出はなし

408番テーブルへ。

ランチにミートボールの入ったラップ。それからデザートにKROKANTTÅRTA(アーモンドケーキ)。

もちろん、イケアファミリー会員なので無料のコーヒーもいただきました。

昨年のコロナ禍でのイケアレストラン利用時は、

  • 食事のナイフ&フォークは紙ナプキンに包まれたものが食事と一緒に渡されました。
  • コーヒー用のスプーンはレジの人が直接渡してくれました。

今回は・・・

以前のようにカトラリーが置いてあるところから、自分でスプーンやフォークを取る、というスタイル。

レストラン利用者が陰性証明かワクチン接種完了者と限定されているから、少し感染予防のコロナ衛生基準が緩んだのかな?

これまでおかわりできたコーヒーは、おかわり禁止だったのは残念だけど。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

応援クリック、よろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました