マスクが捨てられているのはまだわかるけど、電動キックボードまで捨てられるなんて

電動キックボードニュースより
この記事は約4分で読めます。

外出時にマスクを着用するなんて、風邪をひいていても出来なかった(しないほうが良かった)ここドイツでも、コロナ禍では

マスク着用義務になりました。

しかも、昨年の秋からの感染者激増に伴い、布製のマスク禁止で医療用のマスクのみ許可される場所も増えて、私もFFP2マスク、またはOPマスクを常に持参しています。

建物の外だとマスク着用義務ではない場所が多いので、「持参」です。

それに伴って・・・

外を歩いていると、ある、ある!

捨てられたマスク!

スポンサーリンク

散歩しているとよく見かける、マスクの落とし物

たった10分歩いただけでも、街のど真ん中でもないのに・・・

落ちてるわ・・・マスク。

またマスク!

バス停の前とかよく落ちてる・・・公共の盛り物利用はマスク着用義務だけど、バスから降りたらすぐに外したい、良いお天気よね。ここは人通りも少ないし。

マスクの写真コレクションができそうなほど。これは今日見かけた「捨てられたマスクのほんの一部です。

田舎なのに・・・だけど、落ちているマスクのうち、わざとではないものもあるかもね。

お店やバスではマスク着用義務だけど、屋外ではしなくて良いから

マスクを手に持って歩いている人が多い!(私もその1人!)

ついうっかり、手にしているマスクを落としてしまった!という人もいるかもね。

バスに乗るためにマスクを手にしていて、乗車前に地面にマスクを落としたら・・・!!(落としたマスクは使いたくない!)予備のマスクを持っていなかったら、どうするんだろう?

マスクを捨てるのもよくないけれど・・・電動キックボードまで捨てる?

道路に捨てられたマスクは感心できないけれど、それよりもっと困った「捨てられたもの」があるそうですよ。

それは・・・電動キックボード

え?電動キックボードを捨てるの?

びっくり!なんでもライン川に沈められた電動キックボード(電動スクーター)が沢山あるそうですよ。

電動キックボードはドイツでは2019年6月15日から公道での使用が許可されています。

電動キックボードはシェアリングサービスの利用をする人が多いようです。

利用したいところまで乗って行って、目的地に着いたら、そこにキックボードは放置できるから便利ですよね。

列車やバスに乗る、といった場合、駅までキックボード、電動スクーターを利用して、駅にキックボードを置いて、列車に乗る・・・自分のキックボードだったら列車に持ち込むとか必要になって不便です。

気軽に利用できる電動キックボードのシェアリングサービス、だけど、このキックボードを川に投げ捨てる人が多いのですって。

すでに2019年にはパリのセーヌ川に投げ捨てられたキックボードが多くて問題になったとか。

ここライン川でも、去年から「川にキックボードが捨てられている!」と問題になっていて、今や

500台くらいの電動キックボードがライン川の川底に眠っている

らしいです。

ひえ〜〜どこが「電動キックボードは環境に良い」だよ!?

(ケルンだけで100台くらい、とも言われているそうですが、500台くらいのキックボードが行方不明なのだとか。こちらより)

ライン川に眠る電動キックボードを探し集める

ライン川

今週、ライン川のあのケルン中央駅の近く周辺あたりから、川に捨てられたキックボードの回収をしているのですって。

探知機で探して、潜水夫が潜ってキックボードを回収しているとか。

そのためにライン川を渡る船の通行止もあるらしいですよ。大変な作業ですよね。

だから・・・

電動キックボードの利用をどうにかして欲しいなあ・・・(個人的には危ないから禁止してほしいけれど、車を運転する時に邪魔だから禁止して欲しいけれど、歩道に乗り捨てられた電動スクーターが邪魔だけど、あれが便利だという人もいるし、便利なのはわかるし、環境に良い、とか言われると、そりゃガソリンいらないし、とか・・・・ブツブツブツ)

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

応援クリックをありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました