イースターのチョコレートといえば、Lindt(リンツ)の金色のうさぎ!

LindtのGoldhaseお菓子
この記事は約3分で読めます。

イースターおめでとうございます!

この記事をアップする2023年4月9日はイースターサンデー。

イースターといえば、うさぎ(卵でも、ひよこでも、羊でもいいけれど)。

そしてうさぎといえば、リンツ(Lindt)の金色のウサギチョコ(Goldhaseゴールドハーゼ

スポンサーリンク

毎年、イースターには買っていたウサギのチョコ

私がドイツに来たばかりの頃には、すでに存在していたリンツの金色のうさぎのチョコレート。

調べてみると、なんとドイツでは1952年から売られているのですって。

shirousagi
shirousagi

少なくとも、30年前から、リンツの金色のうさぎチョコは同じ形よ

発売開始された1952年からかしら?

リンツのチョコレートはお値段が高い!

けれど、このうさぎ型のチョコレートが好きで、ドイツに住み始めてから、毎年イースターにはこのうさぎチョコを買っていました。

なのだけど、2005年にうさぎを飼い始めてからというもの、このチョコレートを自分や家族のために買うことはストップ。

15年間も我が家の冷蔵庫に、リンツの金色うさぎが、誰にも食べられずに生き延びたのです。

久々にGoldhaseを!

家族がこの金色うさぎをもらってきたり、私が友人らにプレゼントするために買ったことはあったのです。

が、この(この間)17年間、自分が食べるためには買わなかった、あのリンツの金色のうさぎ

「やっぱりこれがないとイースターという気分になれないなあ〜」

というわけで、久々にゲットしました!

金色のボディーに赤いリボン、金色の鈴、中のチョコレートはミルクチョコ、これが定番で、しばらくはこのタイプしか売られていなかったのですが、最近はチョコレートの種類も、ラッピングの柄にも色々なバリエーションがあります。

でも、一番はやはりクラシックなこの金色に赤いリボンのうさぎさん!

今回はEdelbitter(ビターチョコ)もゲットです。

リボンは茶色。ちょっとシックなうさぎさんね。

ビターチョコのうさぎは100g、ミルクチョコのうさぎは50gのもの。

食べるのがもったいないな〜と思いつつ、今回は冷蔵庫に15年保存する気はないので、美味しくいただきました!

このリンツの金色のうさぎが作られている様子がYouTubeにあったので紹介します。

リンツはドイツでも作られているチョコレート・うさぎのチョコがスイスで売られ出したのはこんなに遅かった

リンツといえば、「スイスチョコ」として有名なようですが、実はドイツでも(というか、ドイツで)大量に作られています。

ドイツではこのGoldhaseは1952年から売られているのですが、スイス、オーストリアでこのうさぎのチョコレートが売られ始めたのが、1994年なのですって。

shirousagi
shirousagi

思ったより遅くてびっくりだわ

1996年にはイギリスやアメリカでも売られるようになり、1997年にはオーストラリアでも手に入るようになったとか。

ドイツでは「うさぎのチョコ」といえば、まずこのリンツの金色のうさぎ!

リンツのチョコといえば、日本ではリンドールが一番有名かな?

ボール形のチョコレート。私のお気に入りチョコでもあります!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

応援クリックをありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました