フライブルクお出かけ日記・2〜Schauinslandにて

ドイツ観光

先日、フライブルクにでかけ、到着してすぐにSchauinslandという山にロープウェイ(Schauinslandbahn)で登ったことを書きましたが・・

フライブルクお出かけ日記〜Schauinsland
フライブルクに到着してまずした事は この街で一番高いところに登る事! というわけで シャウインスラントと呼ばれる山にロープウェイを使って登ってきました。 景色は最高です。

暑い下界(?)のことは忘れて まずは展望台に登りました。

本当はちょっと高所恐怖症なshirousagiだけれど、良い眺めが見たくてせっせと登った階段!

本当に展望台からの眺めはとてもよく、お天気が良いのでうれしくなりましたが・・

こんなところにも「愛の南京錠」が・・

う〜〜ん、この南京錠って結構重いのですよね・・

あまりつけて欲しくないなあ・・まだ ここには数個しか(写真の箇所以外にもあった)付いていませんでしたが) 展望台の上に重いものがたくさんのったら・・怖い!

良い景色を楽しんだあとは 山歩き! お散歩です。

実は・・シャウインスラントの存在は ドイツに来てすぐから知っていたのですが 「ロープウェイに乗って山頂まで行って展望台に登って景色を眺める」くらいのところだと思っていたら・・

自然の中に色々と見所があるようでした。 (今回の旅ではこのシャウインスラントに行くことは特に計画していなかったので 事前に調べていない・・ちょっと残念)

展望台のある周りをゆっくりと散歩。 すると あちこちに木でできた「像」が!

これとか

これとか・・

 

木でできた動物の像も良いけれど、カウベルのような音がするなあ・・と思っていると 生きている動物が!

ヤギ!

山の斜面の草をせっせと食べているヤギ。 子ヤギも何頭か!

ツノがまだほんの少ししか生えていなくて それがちょっと「鬼」のツノ(日本の鬼ですよ)のようで 可愛い!

 

シャウインスラントの山道をしっかり歩いたあとは ロープウェイ乗り場にあるカフェ・レストランで一休み。 ウエイターのお兄さんも親切で 登ってくるロープウェイや山々に囲まれた景色を眺めながら 一休み。 屋外にもテーブルがあり、建物の中の席でも 景色が楽しめる席があります。

コーヒーを飲んで元気になったところで ロープウェイにのって「下界」へ。 その前にレストランと乗り場の間にあるトイレに行ったら

洗面台が「鍋」。 左は子供用の洗面台ですね。

ところで・・・

このシャウインスラント、元は銀(他に鉛や亜鉛)の鉱山でした。 (その博物館もあるようです) それが1347年に「Schouwesland」(この地方の方言)と呼ばれるようになり、「Schauinsland」という名前になったようです。

Schau-ins-Land !   schauenは「見る」という動詞。 やはり景色が良いものね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました