本日の夕食は(ワインがなくても)フラムクーヘン!

ドイツの食べ物

秋ですね、食欲の秋ですね。 最近、食べ物や飲み物の事ばかり考えているshirousagiです。

先日、発酵中のワイン、「フェーダーヴァイサー」(Federweißer)の事を書きました。 (それはこちら)

今年もフェーダーヴァイサーの時期になりました!
甘いものも塩辛いものも、コーヒーもお酒も大好きなshirousagiです。 (要するに食べること、飲むこと、大好き!です) そんなshirousagiが 毎年秋になると楽しみにしているのはこれ。 「フェーダーヴァイサー」...

 

この 甘いアルコール飲料によくあうのが「Flammkuchen」。

スポンサーリンク

「フラムクーヘン」とは

フランスのアルザス地方、ドイツ南部(先日でかけたフライブルクとか・・)が発祥の地。 なのでフランス語の「タルト・フランベ」として日本では知られているみたいですね。

ドイツ語では「Flammkuchen」。 Flammは炎、Kuchenは「クーヘン」つまり「ケーキ」と言う意味ですが、甘いケーキ以外にも 小麦粉などを使った、ピザやケーキの様な形のものはよく「Kuchen」と言われます。

フラムクーヘンはパン生地を薄く伸ばして その上に玉ねぎやベーコンなどのせて 強火で焼いたもの。 もともとパン屋さんがパンを焼く時のオーブンの温度が適当か調べる時に パン生地を少し取って伸ばして焼いたのが始まりだとか。

 

「フラムクーヘン」のとても簡単な作り方

フラムクーヘンの生地から自分で作ると美味しいかと思いますが、 忙しい時は スーパーで売っている「Flamkuchenteig」(フラムクーヘンの生地)を買ってきてそれで 作ります。 超簡単&早くできる&美味しい。

冷蔵で売っている生地をオーブンの天板に広げ、クレーム・フレーシュ(Crème fraîche・フランス語)を塗り、玉ねぎをスライスしたもの、Speck(ベーコンとか)をさいの目に切ったいものなどをのせます。  生地のパックに書いてある指定の温度で オーブンで大体12〜15分くらい焼きます。

・・・これだけ! 焼く前に塩・胡椒しても、焼いたあとに食べる時に黒胡椒をかけても あるいは塩胡椒なしでもお好みで!

ドイツでもピザが人気になった頃、このフラムクーヘンもドイツ中で食べられる様になったとか。 そういえば・・「Zwiebelkuchen」(玉ねぎのケーキ)がよく食べられる地域では 以前はあまりこの「フラムクーヘン」をみなかった気がするのですが、最近はドイツ中どこにいっても この薄いパリパリの生地のフラムクーヘンにありつけそう!

Zwiebelkkuchen(ツヴィーベルクーヘン)、玉ねぎのケーキも あの甘いワインになる途中の飲み物、「フェーダーヴァイサー」にとてもよくあいます。 と言うより、フェーダーヴァイサーとくれば玉ねぎケーキ、です。

ただ・・この玉ねぎケーキは大量に玉ねぎを使い、しかもみじん切りにするので・・な、涙が出て辛い!

秋はそれだけで十分にメランコリックなので 玉ねぎを刻みながら涙することもないだろう・・と 今年はフラムクーヘンです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました