玉ねぎケーキ(Zwiebelkuchen)を焼く

ドイツの食べ物

秋になると 毎年楽しみにしているのが ワインのなりかけ、「フェーダーヴァイサー」。そのフェーダーヴァイサーにつきものといえば「フラムクーヘン」(Flammkuchen)ですが

本日の夕食は(ワインがなくても)フラムクーヘン!
秋ですね、食欲の秋ですね。 最近、食べ物や飲み物の事ばかり考えているshirousagiです。 先日、発酵中のワイン、「フェーダーヴァイサー」(Federweißer)の事を書きました。 (それはこちら) この ...

「玉ねぎのケーキ」(Zwiebelkuchen)もフェーダーヴァイサーにつきものの食べ物です。 フラムクーヘンがアルザス地方で有名なら この玉ねぎのケーキ、ツヴィーベルクーヘンは 南ドイツだけではなく、東ドイツでも有名です。

私も以前はフラムクーヘンよりツヴィーベルクーヘンをよく焼いていました。

こうしてみると フラムクーヘンもツヴィーベルクーヘンも見かけは似ています→まあ、材料はほとんど一緒だったりする・・のです。

丸いケーキ型で焼くレシピもありますが、私はもっぱら生地を天板に広げて四角い形で焼きます。 どちらかと言うと薄い生地の方が好み。 (なので最近はフラムクーへンばかり焼いています)

スポンサーリンク

玉ねぎケーキ、Zwiebelkuchenの作り方

簡単にいえば・・・

パン生地の上にサワークリームを塗り、みじん切りにした玉ねぎをたっぷり、それからさいの目に切ったベーコン(塊)、塩、胡椒、好みでキャラウェイで味付けしてオーブンで焼きます。

この生地は 典型的なものは イースト菌を使って作るパン生地。 でも好みや「時間がない!」などで 他の生地(例えば・・キッシュ・ロレーヌと同じもの、とか)でも大丈夫です。

パン生地にするとして、ドイツの普通の家庭のオーブンの天板(約45cm×36cm)1枚分の作り方は・・・

  • 牛乳 250ml
  • 小麦粉 500g
  • ドライイースト1袋(1/2Würfel Hefe)
  • サラダ油 大さじ6
  • 塩 少々

以上の材料で「パン生地」を作ります。

  • 玉ねぎ 1kg
  • ベーコンの塊 125g
  • バター 40g
  • サワークリーム(Saure Sahne)400g
  • 卵 3個
  • 塩、胡椒、キャラウェイ、ナツメグなど

玉ねぎとベーコンをさいの目に切ります。 これをバターで炒めて冷まします。  冷ましたらこれに卵とサワークリームを混ぜたものを入れ、調味料で味付けします。

これを天板に伸ばしたパン生地の上にのせます。

200度に温めておいたオーブンで約45分焼きます。   出来上がり!

 

この時は赤ワインのなりかけ、フェーダーヴァイサーならぬ「フェーダーローター」(Federroter)。 weißは白、rotは赤。 なので赤ワインのなりかけだと「Federroter」と言う人もいるし、赤でも「Federweißer」と言う人もいるし。。地域では赤だろうが白だろうが「Neuer Wein」とか「Sauser」と言うところもあります。

 

「フラムクーヘン」と違うのは 名前通り「玉ねぎケーキ」には大量に玉ねぎが使われる事。  私は玉ねぎを切るのにフードプロセッサーを使うのがいやなので 包丁で切りますが・・涙が出て辛い!!

美味しいものにありつくのは 楽ではありませんね・・・

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました