いつの間にか増えていたバッグの処分

シンプルライフ

いつからか、物は必要以上に持たない方がよい、と「断捨離」やシンプルライフがブームですね。

数年前にメールに「この休暇中には不必要になったものを捨てようと思っている」と書いて日本に住む友人に送ったら

「ああ、『断捨離』ね!」

え??何それ? 断捨離? それ美味しいの? の世界だったshirousagi、すぐに「断捨離とは何か?」調べました!

・・は、ともかく、 ただいま秋休み中なshirousagiです。 今が 「所持品の整理」のチャンス!

そこで本日は「カバン」の類を見直すことに!

スーツケース一つでドイツに渡って早くも四半世紀。流石にこれだけドイツに滞在していたら 物が増えました!とてもとてもスーツケース一つでは収まらない。

ドイツに来たばかりの頃は ドイツに到着してすぐに買ったリュックサック一つで学校にも友人のところにも ちょっとした旅行にも出かけていました。

が、さすがにコンサートやオペラを観に出かける時にはリュックサックではあんまり、と小さなショルダーバッグを購入し、仕事を始めると、仕事用のバッグが必要になり、子供が産まれると、それ用のバッグが必要になり、そして、ちょっとおしゃれをしたい時はエレガントなバッグが・・・と特にカバンにこだわらないshirousagiのクローゼットにも、あれよあれよというまに色々な種類のカバンが山のように増えてしまいました。

ところで、リュックサック、元々はドイツ語です。こう言った「現実的な実用的な野外で使うもの」はドイツで使われ始めることが多いですね。(「質実剛健」そのもの)

Rucksack (ルックザック)、der Rucksack, (複数・die Rucksäcke ) =リュックサック

Ruck(ルック)=Rücken(リュッケン・背中)のアルプス地方の方言 (なのでドイツ語だと発音は「リュック」でなくて「ルック」になる、「ルックザック」)

Sack(ザック)=袋。

背中の袋・・・?

最近は、こう言ったノートブックが入り、ビジネスに使えるリュックサックが日本でも増えましたね。

で、今回の「物の整理」ですが、リュックサックの不用品はなかったものの、ポシェット、それから パーティー用のショルダーバッグ。どちらも若い女の子用のデザイン&品質で いくら頑張っても若返ることはないし、あまり便利なバッグでもないので、さようなら、です。 

その他にはエコバッグがいくつか・・・

これで・・クローゼットの中が少しはスッキリするかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました