収穫され損なっていただいたジャガイモを茹でる

ドイツの食べ物

先日はケーキをいただき、そのまた先日はじゃがいもをいただいたshirousagiです。 (よほど食べる事が好きに見えるのか??)

ドイツといえばジャガイモ、と思う方も多いかと思いますが・・ それほどジャガイモは食べられてはいないのでは? と思うこの頃。 とはいえ、ジャガイモもランチの大事な「付け合わせ」の一つ。 (ライスと同格) 広大な農地ではジャガイモが大量に収穫される事もあります。

郊外のとある農家でも 9月から10月にかけて 大量にできたジャガイモを大型機械で収穫していました。 機械で収穫すると どうしても 特に小さいジャガイモが畑に取り残されてしまうのだそうです。 以前は 地域によっては 子供たちがそんな「畑に取り残されたジャガイモ」を集める仕事をしていました。 なので 一部地域の田舎では学校の秋休みは「ジャガイモの収穫のためのお休み」でもあったそうです。

最近は機械で収穫仕損なったジャガイモは小さいし、しばらく畑に放置される事も多いようですが、 そんな畑を持った農家の知人が

「畑に転がっているジャガイモ、持って帰っていいよ!」

食べれるジャガイモ、ただ、あまりにも小さい、というだけで放置されているジャガイモ。

せっかくなのでいただいてきました。

いわゆる「新じゃが」のように小さいジャガイモですが 皮ごと食べるには 皮が固そう。 ただ、小さいジャガイモの皮を一つ一つむくのも大変! なので まずは皮ごと茹でます!

私はジャガイモは オーブンで焼く、か 圧力鍋で皮ごと茹でる、いえ、蒸すのが好きです。  オーブンだと時間はかかりますが 美味しい! 圧力鍋だと早いです! 圧力がかかってから10分くらい。

皮ごと茹でた(蒸した)ジャガイモは「Pellkartoffel」(ペルカルトッフェル・複数形でPellkartoffeln)と呼ばれます。

この皮つきのまま食卓にだして 各自が皮をむいて食べる! 料理をする人にはありがたいですね。 (皮ごと食べたい人はそのまま食べてよし!)

この皮付きジャガイモに ハーブを混ぜたQuark(クヴァーク)というちょっとサワークリームにも似た乳製品をつけて食べる、というのがドイツ人の好きな食事。 (簡単だし!)

残ったペルカルトッフェル、皮付きのジャガイモは まだあついうちに皮をむいておきます。

小型のナイフと フォークのような ジャガイモをさすもの。

なにしろまだジャガイモが熱いので そのまま素手では持ちにくいからこのフォークのような道具を使って ナイフで皮をむきます。 スルスルと剥けるので ジャガイモの1つ1つが小さくても大仕事にならない!

グサグサと突き刺したあとがあるけれど、剥けました! これをまだ熱いうちにマッシュして ・・ コロッケとかにしてもいいけど・・

もう夜遅いので これらのジャガイモは明日には「Bratkartoffeln」(ジャーマンポテト)にする予定です。 ジャーマンポテトには前日に茹でたジャガイモを使うのが一番!!

実はまだまだ残っている「機械で収穫仕損なったためにもらったジャガイモ」。  今度はこのジャガイモを何に料理しようかなあ・・?

コメント

タイトルとURLをコピーしました