ケーキとコーヒーが大好きなドイツ人だけど、最近はそんな時間がなくて?

ドイツの生活
この記事は約2分で読めます。

先週はケーキをもらったり、ジャガイモをもらったり、なshirousagiです。

そして・・今日は生徒さん宅に出かけると「昨日が誕生日だったから」とレッスンの後にケーキとコーヒーをご馳走になりました!

お母さんお手製のケーキ、美味しかったです。

そのお母さん、「息子も私も太っているからケーキはあまり焼かせてもらえないのよ。でも家族のお誕生日は特別。この日はケーキを焼いて良い事になっているから 嬉しくて!」

「そういえば・・・私の祖母は毎週週末になるとケーキを焼いていたわね。 沢山ケーキを食べた記憶がないのだけど、でも毎週焼いていたわ!」

そんな話をするお母さんの横に座っていた息子さん(私のピアノの生徒)がケーキを食べながらスマートフォンをポケットから取り出しました。

「だめよ、みんなでケーキを食べている時に一人でスマホなんか見て!」と叱るお母さん。

「そうね、昔は週末は家族や近くに住む友人が集まってワイワイおしゃべりしながらコーヒーにケーキを食べていたわよね・・・最近はそんな時間もないし、人が集まるってこともあまりなくなったわよね。おしゃべりはスマホのチャットで済ませてしまうし・・」

昔は毎週末にケーキを焼いていても大勢で食べればケーキの食べ過ぎになることもなかったのかも。

そういえば・・shirousagiがドイツに来たばかりの頃は週末になると集合住宅の階段を登っているとコーヒーのいい香りがぷ〜〜んとしたっけ。

最近は友人らが集まってコーヒーを飲む、なんてことをする人も本当に少なくなったかも。(コーヒーの香りがしなくなったのは コーヒーの質が悪くなったから、というのもあるけど)

ところで・・

ドイツと飲み物、といえば「ビール」と思われそうですが、ドイツ人はコーヒーが大好きです。

(ビールはそれほどでもない・・かな?)

2008年とデータが古いですが、ドイツでの一人あたりの1日に飲む飲み物の種類と量は

データはこちらから(単位はリットル)

コーヒーが一番多く、一人1日あたり0.41リットル。毎日平均2杯ほどのコーヒーを飲んでいるということですね。

私、shirousagiも日本にいる間はコーヒーをあまり飲まなかったのですが、ドイツに来て知人らに招待されると必ずコーヒーが出てくるので飲むようになり、最近は中毒か?というくらい毎日たっぷりとコーヒーを飲んでいます。

高いコーヒーメーカーを購入する家庭も多いようです。

でも・・ゆっくりと家族揃ってコーヒーを飲む時間はあまりなくなった、それは否定できないような気がします。 ちょっと残念。

コメント

タイトルとURLをコピーしました