ドイツのバレンタインデー

ドイツの生活

これを書いている本日はまだ2月14日なドイツです。

と言うわけで 本日2月14日といえば・・バレンタインデー。
ドライブ中にラジオを聞いていると

「本日は・・バレンタインデーです。 これは世界中で祝われていますが 国によっては慣習が少々違います・・」

ほう、そうですねえ、日本もドイツとは違うしねえ・・なんて思っていたら・・

ラジオは続けて
「日本では本日、モテない男たちがデモをしたそうです!」

へえ、ドイツのニュースになるのか・・
この モテない男たちさん、 ドイツにいればよかったのに。

ドイツだけではないと思うけど、 こちらではバレンタインデーは  女性が男性にチョコレートを贈る、と限定されていません。 (まあ、贈ってもいいけれど)

Wikipediaには「カップルの愛の誓いの日」とありますが、 そう、男性から女性にプレゼントでも(このパターンが多い気がする)良いのです。

贈り物としたら 今でも一番人気は花、なのだそうです。 典型的なのは 赤いバラですね。

ドイツでのアンケート調査によると、アンケートに答えた人の約50%がバレンタインデーにブレゼントを贈る、と回答。 プレゼントには平均50ユーロ出費するそうですよ。

プレゼントするものは1位は花。 それもやはり(赤い)バラです! 
2位がチョコレートなどのお菓子。 大体、プレゼントといえばバレンタインデー以外でも花束やチョコレート、ですけどね。
それから ディナーの招待、とか、カードとか。

もらいたいな〜〜と思っているプレゼントは「旅行」が大人気らしいですよ。 ドイツの女性にモテたいなら バレンタインデーにパリ旅行をプレゼント、とかかな?

プレゼントの第1位が花束なので 2月の花の値段が7,7%も値上げされる、と言うデータがあります。 
2月に花を買うのはやめておこっと・・・

アンケートでは「もらって嬉しくないもの」と言う項目もあり、1位は女性の場合は「家電、キッチン用品など」ですって。 まあ、ロマンがないといえばないですよね。 現実的・実用的だけど。(私だったら家事をしてくれるロボットをもらえるなら喜ぶけど) 2位はぬいぐるみ。 男性が喜ばないプレゼントの1位はぬいぐるみ、2位は「花束」。 

花束ってやはり女性向け、ですね。

日本では 来月には「ホワイトデー」が待っていますが それはドイツにはありません。 もちろん、義理チョコなんてありません。

と言うわけで私はもう何年も「バレンタインデーのプレゼント」をしていません。 もらうのは大歓迎なんですが・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました