【片付け】私が外出禁止中にしている事〜紙の本を整理・料理本

シンプルライフ
この記事は約3分で読めます。

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために学校閉鎖となって、早くも4週間がすぎました。本来なら来週4月6日から「イースター休暇」です。旅行の計画を立てていた家族は多い事だと思います。

なんといってもドイツ人は旅行好き!

今年は残念ながら、イースターでも旅行にも、田舎に住んでいるおじいちゃん、おばあちゃんにも会いに行けません。コンタクト(接触)禁止になって早くも3週間です。

私は田舎に住んでいるので、あまり外出に制限がかかっている気がしませんが・・・(家を出てもあまり人がいない!)

そんな毎日、ほぼ一日中家にいるので、これまでやりたくても出来なかった事をせっせとやっています。

その一つがこれ

紙の本の整理!

です。

今回は料理のレシピ本(ほとんどが雑誌でした)を。

料理の本はほぼ全捨てします

ドイツに来たばかりの頃に一時帰国するとドイツまで持って帰った本の大半がこれ、料理のレシピ本です。特に雑誌です。

本は重いので、雑誌のレシピ本からいらないページを切り取って、必要なページと表紙だけにしてドイツまで運びました。

雑誌には料理のレシピ以外にも

  • 広告
  • お便りコーナーや編集部コーナー
  • 料理とは関係がない記事

が多くあり、それらも(特に読者のコーナーなど)読んでいましたが、ドイツまでわざわざ持っていく必要はない!と、これらのページは切り取って捨てて、なるべく軽くしてドイツまで運んでいました。

よくそんな事をする時間があったものだと思いますが、まあ、一時帰国中は家事はほとんどしないし、自分の家でもなくなるとできる事が制限されてしまい、、結構時間はあったものです。

特に料理レシピはネットを利用した方が便利

雑誌には料理の写真が綺麗なカラーで掲載されていて、「作ってみようかな?」と思わせる物が多いのですが、実際に雑誌のレシピを利用しようとすると不便だと思いませんか?

毎日の料理するとなると、何を作ろうかな?と

  • 手に入った材料で決める
  • 用途で決める(お弁当である、とか)
  • 病気などで制限されている事柄から決める

と言ったことが多いと思いますが、雑誌だとその時に作りたい分野の料理を探すのが大変ですよね。

その点はやはりインターネットです。もしくは検索できるデータです。これはデジタル媒体のメリットですよね。

しばらく雑誌などのレシピ本も本棚に並べておきましたが、一部のヘビーローテーションする料理のレシピを除いて、(それらはどの本のどこにあるか覚えている!)

料理の本は使わない

と言う事実です。

せっかく苦労して日本からドイツまでせっせと運びましたが、これらをだからといって本棚に並べていても仕方ないので今回は処分しました。

雑誌の、それも一部分を切り取った後なので、古紙として処分するしか手がなかったのが残念ですが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました