いよいよ夏になりました〜夏の始まりSommeranfang

ドイツの気候
この記事は約2分で読めます。

ついに!今年2020年にも夏が来ました!

・・・って、もうすでに夏じゃん、と思った方、いらっしゃいますよね。

ドイツでは気象学の夏は6月〜8月、天文学の夏は日本でいう「夏至」の日から夏が始まる、と言われるそうです。

天気のデータで「今年の夏は・・」というと今年の6月から8月の事ですが、

「いよいよ夏がやってきます!」と言うと大抵夏至の日です。夏至の日はドイツ語で

Sommeranfang(ゾンマーアンファング・Sommer=夏、Anfang=始まり)

今年は6月20日です。

夏至の日とは、日本のサイトによると

夏至の日とは=(北半球で)日の出から日の入りまでの時間がもっとも長い日が夏至です。
いつが夏至かは天文学的に決まり、毎年、6月21日か22日です。

そう、日本では6月21日か22日。あれ?今、6月20日がSommeranfang、日本の夏至に当たると言わなかった?と言われそうですね。

なんでも夏至の瞬間と言うのはドイツ時間(中央ヨーロッパ時間)では2020年は6月20日の23時44分なのだとか。

ドイツで23時なら日本では翌日の6時です。そうか・・21日の6時44分が夏至の瞬間だそうですよ。(この記事をアップする予定時間の1時間44分後だ)

この日のデュッセルドルフの日の出と日の入りは

  • 日の出・・・5時17分 
  • 日の入り・・21時52分

私は夜9時には全ての仕事を終え(まあ、予定通りにならない日もあるけれど)10時にはベッドで読書など始めているのですが、その時間、今だとまだ外は明るい!

目が覚めたらもう外が明るい!この日が長い夏がたまらなく嬉しいのですが・・・

・・・ああ、本日から徐々に日が短くなるのか・・とすでに悲しんでいますよ。

(ダメですね、現在にフォーカスして未来の事を悩むのはやめましょう!と言われそうです!)

こんな夏の始まりに見つけた看板

チョコレートの広告だけど、イースターエッグのデコレーション。

まあ、たまに剥がし損ねて古いポスターなどが貼りっぱなしになっている所ってあるけれど、ここはいつもきちんとその時期にあう広告ポスターが貼ってあるところなのに。

イースター直前でロックダウンになったからか、いまだにショーウインドーに「イースターバニー」がかざってあるデパートなんかもあるしね。

人間界はしばらく停止していたけれど、自然はお休みなく、停止なく流れているのをまたもや実感してしまった本日です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました