チェリープラムが豊作すぎて困った件〜夏は収穫の季節です!

チェリープラムドイツの食べ物
この記事は約3分で読めます。
shirousagi
shirousagi

shirousagi(しろうさぎ)です。
ドイツに住んで早くも30年以上!

ピアノを教えながら、主婦業をせっせとやっています。
詳しくはプロフィールを見てくださいね。

先日、庭でチェリープラム(Kirschpflaume)の実が沢山とれたので、ジャムを作ったことを書きました。

日本語でチェリープラムという名前で本当に良いのか、実はわからないのです。なんたって、多分日本ではお目にかからないですよね。

日本には綺麗な桜の木が沢山ありますからね〜!

英語でCherry Plumというようなので、チェリープラムと表記しています。

そのチェリープラム、この庭の木、いつから生えているのかわからないのですが、我が家の領土にあります。だから、この木は我が家の木なのでしょう。

・・・買ってないけど。この木にお金払ってないけど。10年以上お世話をせっせとしているから、我が家のものだわね。(水遣りしかしてないけど。それも夏だけ)

スポンサーリンク

庭にある桜のような木・チェリープラム

その名の通り、春には桜のような薄ピンクの小さな花を沢山つけます。

その花が咲いたのを見たら、とても嬉しくなってしまう!(遠目には桜に見える)

なのに、今日、このブログのために「写真、撮っているかな?」とフォルダーを見渡したら・・・

・・・ない!ない!横に生えているりんごの木は、花が咲くたびに写真をとっているのに!

左はもう咲きおわったチェリープラムの木。右はりんごの木。花が満開。この写真をとった時のお天気があまり良くなかったけど。

現在のりんごはこちら。

りんごの木

緑の葉っぱに緑の実。どこに実があるのかはっきりしないけれど、今のところは沢山の実がついています。

だけど、手入れしないし、虫除けしないし、農薬使わないから(要するに放置)

無事に実が熟したら、無農薬でとても健康なりんご

なのだけど、大抵の実が虫に先を超されるという事実。自然は厳しい。

大量のチェリープラムの実を冷凍

で、話をチェリープラムに戻して・・・

あまりにも大量に収穫出来たのですが、もうジャム作りは疲れてしまったので、

綺麗に洗って冷凍保存です。

チェリープラム

せっせと洗った果実は冷凍保存袋に入れて冷凍庫へ。

昔ながらの袋に針金、というフリーザーバッグが一番コスパよくて、気軽に使えるので、これを利用。

私が今回使ったのは1リットル入り100枚入って1.39ユーロ(約170円)1枚あたり2円未満。

ファスナー付きのフリーザーバッグも(やっと)ドイツでも簡単に入手できるようになったけれど、安い袋を使った方が楽。(気分的に)

適当な量入れて重さを量ったら630.8g。

これを20袋作りました。ということは全部で約12.6kg

いくら種や皮が含まれているからって、12キロ以上もの実。これがブドウとかリンゴ(虫喰いなし)だったら近所にお裾分けするんだけどなあ。

と思いながら、手元に残った、少々傷んだ実を煮詰めてソースにしましたよ。

アイスにかけて、いただきます!

ソースが大量すぎて、もはや「血の海」。

そんな夏、本日はお隣さんに庭でとれたというきゅうりをいただきました。

せっかく実がなったけれど、明日から休暇旅行に行くから、と。

夏って、植えて手入れすれば、庭には色々な実が成るのだけど、バカンスで家を留守して、収穫出来ない、食べれないという問題が!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

(応援クリック、ありがとうございます!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました