HOKKAIDOかぼちゃを買いました!〜パンプキンパイを作る

HOKKAIDOかぼちゃドイツの食べ物
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、労力なしで美味しいものを食べたい!と常に思っているshirousagiです。

先日、歩いて10分ほどのところにあるディスカウントスーパーに行って、山ほど積まれた

ホッカイドウカボチャ(Hokkaidokürbis)を見た途端、

うお〜〜かぼちゃだ!食べたいなあ〜〜

と、歩いて来ているのに、重さ2kgのかぼちゃを購入。

せっせと2kg(その上にヨーグルト1kgで合計3kg)の荷物をもって歩いて帰りました!

あれ?私の人生モットー「労力なしておいしいもの」に反するではないですか!

スポンサーリンク

数年前から簡単に入手できるようになった日本の味のかぼちゃHOKKAIDO(北海道)

HOKKAIDO

ドイツに住んでいる人間にとっては、数年前までは、あの甘いホクホクしたかぼちゃは、なかなか入手できないものだったのです。

こちらで普通に売られているカボチャというのは、味がとても淡白で、

シンデレラの馬車にでもするしかない

ような・・(スープにすると美味しいです)

ところが、ですよ。とある日本人農家の方が、北海道からドイツまでかぼちゃの種を運んで、ドイツで、あの美味しい、カボチャを育て始めたのです!

そうしたら、味に疎いドイツ人も、この日本から来たカボチャが大好きになったようで

今や、ドイツでカボチャといえば、ホッカイドウ!

パンプキンパイを作りました

せっかく買ったカボチャです。やる気があるうちにこのカボチャを調理したい!

冷凍パイシートが冷凍庫に眠っていたので、今回は

パンプキンパイ!

パンプキンパイのレシピ〜超適当バージョン

では、パンプキンパイを作ります!

まずは材料を揃える!

オレンジ色の北海道カボチャ、冷凍パイシート、生クリーム、蜂蜜(グラニュー糖でも)、それから卵も。

生クリームはなくても良いし、クリームの代わりにバターを加えるのもOK。

では、作ります!

皮がオレンジ色だけれど、やはり硬い!

そこはなんとかトリック(コツ)を掴んで適当に皮を剥いで、超適当に小さく切る!

この小さく切った北海道を電子レンジにかけて柔らかくします。(電子レンジにかける時間はかぼちゃの様子を見ながら)

柔らかくなったカボチャが熱いうちにマッシュ!

熱いうちに、生クリーム適量、蜂蜜適量も入れてよ〜〜く混ぜます。

生クリームや蜂蜜の分量はお好みでどうぞ。

(以前作った時はカボチャ1/2個にグラニュー糖を大さじ5入れた、と記録していた。今回は蜂蜜を適当に流し入れたけど)

出来上がったかぼちゃのピュレーを、室温で10分くらい放置しておいた冷凍パイシートに載せます。

シートを半分に折るので、片側に。

パイシートの表面にフォークでぶつぶつっと穴を開け、カボチャのピュレーを包みます。

シートの重なった部分をフォークで押さえつけます。

パイシートで包まれたカボチャたち。表面に卵黄を塗って・・・

200℃にあたためておいたオーブンで約30分ほど焼きます。

出来上がり〜〜!

パイシートって、脂肪と小麦粉の塊ですよね。

そんなパイシートを使ったものが不味くなるはずがない!なので、冷凍パイシートは常備しています。

ただ・・・カロリーを考えるとパイシート常備はやめた方がいいかなあ・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

(応援クリックをありがとうございます!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました