今年はクリスマスマーケットが開催される?〜ワクチン接種者特権になるかも

ドイツってこんな国!?
この記事は約4分で読めます。

早いもので今年2021年も9月です。

そう、夏休みが終わると、人々の心の中は

もういーくつねるとークリスマス〜〜♪

早すぎるでしょ?と思うのですが、スーパーに行けば、9月からクリスマスのお菓子は売っているし、このコロナ禍で話題はついに

今年はクリスマスマーケットを開催するか?

スポンサーリンク

コロナ禍の2020年は多くの都市のクリスマスマーケットが中止に

暗いドイツの冬を、少しでも明るく楽しいものにしてくれるはずのクリスマスマーケットWeihnachtsmarkt・ヴァイナハツマルクト)

毎年11月の下旬からクリスマス前まで、クリスマスマーケットに行ったかどうかが話題になるほどだったのに!当然といえば当然だけど、昨年はコロナ感染者数が激増した時期でもあって、

多くのクリスマスマーケットは中止

になりました。

中にはクリスマスマーケットをオンラインでやったり、ドライブスルーで開催したところもあるそうですが・・・(私は見ていないので、どんな様子だったのかわからないけれど)

今年のクリスマスマーケットは開催予定

9月というわけで、クリスマスマーケット開催するかどうかの決定が迫ってきたようです。

今年は、「中止を決定するより、開催を予定しておいて、どうしようもなくなったら直前に中止」にして欲しいという声が多いのかな?

クリスマスマーケット開催までまだ2ヶ月はあります。この間、新型コロナ感染の状況はどうなるのか、誰もわかりませんよね。

クリスマスマーケットって、普通ならそこでグリューワイン飲みながらおしゃべりを楽しむし、大体、週末などになると、マーケット訪問者でごった返します。

感染予防という面から見ると、「ちょっと、遠慮しておこうよ」となっても仕方ないかも。

でも、昨年も開催されなかったから、今年は楽しみたい&今年は商売させてください、ですよね。

ワクチン接種完了していればクリスマスマーケットに参加できる?

そこで出た!感染予防対策は、3Gルールか、もしくは2Gルール

「ドルトムントのクリスマスマーケット2021年は、3Gルール適応の上、開催されます!」(WAZ-Westdeutsche Allgemeine Zeitung-とある地方新聞社のツイート)

3Gルール

  • コロナに感染して快復している(Genesene)
  • コロナのテストをしてもらって陰性証明を持っている(決められた時間以内)(Getestete)
  • コロナワクチンを接種完了している(Geimpfte)

2Gルール

  • コロナに感染して快復している(Genesene)
  • コロナワクチンを接種完了している(Geimpfte)

(2Gルール適用されているイベントや街もあって、そこだと健康な大人の場合では、ワクチンを接種していなければ参加できない)

これを書いている9月11日現在だと、ケルンの素敵なクリスマスマーケットは開催予定。で、ワクチン接種かどうかは、無作為抽出検査をする予定なのですって。

ケルンのクリスマスマーケット2019
ケルン大聖堂前のクリスマスマーケット2019年

だけど、クリスマスマーケット来場者の全ての人の、ワクチン接種済みかどうか(または陰性証明)チェックするかもね。

(デジタル)ワクチンパスポートを持っているとコロナ禍の冬も楽しめそうです

新型コロナのワクチンに関しては、いまだに賛否両論色々な意見があるけれど、ヨーロッパにいるならEU内有効のワクチンパスポート

デジタルワクチンパスポートをスマホに入れていると、この冬は外出先で困らない&自由な楽しい生活が楽しめそうです。

ということはですよ、ワクチンを受けることになるのですよね。

8月18日にコロナワクチンの2回目を受けた私は、9月には「ワクチン接種完了者」になっています。

スマホに入れているコロナアプリ(日本のCOCOAに相当するアプリ)にワクチンパスポートが入っています。

これで、先日もIKEAのレストラン利用が簡単に可能になりました。問題なくクリスマスマーケットにも行くことが出来そうです。(3Gだろうが、2Gだろうが、ワクチンパスポート所持は強い)

だけど、このワクチンパスポート、いつまで有効なのかな?

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

応援クリックをありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました