ドイツのNRW(ノルトライン=ヴェストファーレン)州はここ!

ドイツってこんな国!?
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、shirousagi(@shirous79229247)です。

このブログでは、ドイツに住んで早くも30年以上になる筆者・shirousagiの毎日の暮らし、ただいま絶賛実行中のお片付けの記録などとともに、

ドイツでの出来事や規則やニュースに関することも書いています。

で、ですね、ドイツのニュースや規則に関することを書く時は

shirousagi
shirousagi

ここ、NRW州では・・・

って、書くことが多いのですよ。(理由は後で述べますね)

ちょっと〜〜NRWって、なによ??

勝手に略さないでよ!

ですよね。

NRWとは・・・Nordrhein-Westfalen、ノルトライン=ヴェストファーレン州のことなのです。

スポンサーリンク

ドイツはここ!

まあ、このブログを読んでいらっしゃる方に、「えへん、ドイツはここですよ」と言うつもりはないのですが、一応、ここです。地図で赤く塗ったところです!

ドイツの16の州はこれ!NRW州はここ!

そのドイツですが、16の州に分かれています。赤いところがNRW州。

NRW州以外の州の名前と州都は以下の通り。カッコ内が州都です。

(赤い番号は旧西ドイツ)

  1. シュレスヴィヒ=ホルシュタイン州(キール)
  2. 自由ハンザ都市ハンブルク
  3. ニーダーザクセン州(ハノーファー)
  4. 自由ハンザ都市ブレーメン
  5. ヘッセン州(ヴィスバーデン)
  6. ラインラント=プファルツ州(マインツ)
  7. ザールラント州(ザールブリュッケン)
  8. バーデン=ヴュルテンベルク州(シュトゥットガルト)
  9. バイエルン自由州(ミュンヘン)

(青い番号は旧東ドイツ)

  1. メクレンブルク=フォアポンメルン州(シュヴェーリン)
  2. ブランデンブルク州(ポツダム)
  3. ベルリン
  4. ザクセン=アンハルト州(マクデブルク)
  5. テューリンゲン自由州(エアフルト)
  6. ザクセン自由州(ドレスデン)

旧西ドイツが10(9個とNRW州)、旧東ドイツが6。合計16

NRW州の州都がデュッセルドルフ

で、ですよ、上の地図の赤いところをアップしたのがこれです。

ここが

ノルトライン=ヴェストファーレン州(ながっ!)

州都はデュッセルドルフ。ここからこのサイトはネットの世界に飛んでいます。

NRW州(ドイツ)

左(西)隣はオランダ、ベルギーです。

オランダまで車をすっ飛ばせば1時間かからない〜〜(のに、滅多に行かないのはなぜ?)

NRW州と書くわけ

私がなぜこのブログの記事に「NRW州では」と書くかと言いますと、

ドイツが地方分権で、州によって規則が違うから・・です。

shirousagi
shirousagi

おかげでコロナの規制では本当に困ったわよね。
ある州ではマスク着用義務だった時に、別の州ではまだ義務でない、とか
どこでマスク着用か、とか、ロックダウンの規則とか、陰性証明がいるのか、とか、etc.

州によって規則がちがうんだもん!

例えばこの上の記事。2020年の夏の学校のマスクに関する規則を書いたのですが、州によって違ったので、何度もNRW州と書いています。

私は自分の住んでいるノルトライン=ヴェストファーレン州の情報を得ています。

shirousagi
shirousagi

ドレスデンの規則を知らなくても、日常生活では困らない〜

けれど、デュッセルドルフなどのあるここの州の規則を知らなかったら・・・

ちょっと困るのよね。

流石にドイツ16州の全ての情報を得るのは大変なので、よほどドイツ全土で話題にならない限り、私は他の州の情報はあまり取り入れていません。

私がここに書くドイツ情報は、他の州では違うかもしれないから、「NRW州では」と書いています。

では、なぜ、NRW州と書いて、ノルトライン=ヴェストファーレン州、と書かないかって?

そりゃ、もちろん、

shirousagi
shirousagi

いちいち書くのがめんど〜〜い!

州の名前が長すぎるから!です。(PCに辞書登録すりゃいいじゃん?)

ヘッセンとか、短い名前の州だったら、毎回キチンとカタカナで書いたけどねえ。あ、略しようがないか。

のるとらいん=ゔぇすとふぁーれん ながいよね。

おまけに「デュッセルドルフ」ってのも長くて、ドイツ人は「D’dorf」(Düsseldorf)と略します。

日本人もドイツ人もなんでも略すのが好きだわね。(時短よ、時短!)

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

(応援クリック、ありがとうございます!クリック先では他のドイツに関するブログが紹介されているので、よかったら、是非一度目を通してください〜)

コメント

タイトルとURLをコピーしました