ドイツは今年一番の暑い日だった〜暑い日の過ごし方

ドイツってこんな国!?
この記事は約3分で読めます。

先週から天気予報やニュースで大騒ぎ!

「気温40度の日がやって来る!」

それが本日、(2022年)7月19日でした。

スポンサーリンク

暑くなる日は早起きしよう!

先週から「18〜20日は暑くなる」とメディアが大騒ぎしていたので、覚悟ができていました!

そう、暑くなる日は朝早く起きて、日中を快適に過ごすための準備が必要なのです。

なんでも、とあるメディアによると、暑い日の1日は・・・

  • 4:00=起きて植物に水やりをする
  • 6:00=窓を開けて空気を入れ替える
  • 6:30=シャワーを浴びる
  • 7:00=犬を散歩に連れていく
  • 8:00=自転車で職場に行く
  • 10:00=仕事場の冷房をオン
  • 11:00=休憩
  • 14:00=スマホは日陰に置く
  • 17:00=帰宅、車ならまずは窓を開けて走る
  • 19:00=庭の芝刈りは今する
  • 20:00=ワインやビールを楽しむ

(元ネタ記事はこちら

ドイツの夏の庭の水やりは早朝に

庭の水やりは朝早く起きてする方が良いはわかる。

とはいえ、4時は早いわ。今日は6時でした。

庭の水やりって、気温が高い間はやめておいた方が良いので、朝(or/and)夕方になるけれど、夕方だと22時でも30度以上。

shirousagi
shirousagi

夜の10時を過ぎたら寝たい!

その点は、朝は本日は8時でも20度以下(18℃)でした。なのに・・・

shirousagi
shirousagi

午前8時で18度だったのに、午後16時には38度よ。

8時間の間に20度も気温が上がるって体にこたえるわ

日中は窓のシャッターを閉めて、太陽の光を家の中に入れない!

照明の電気代がかかっても、日中はシャッターを閉めて、暗くしておきます。

shirousagi
shirousagi

でないと、家の中は温室よね

この時、家にシャッターや雨戸があることが大事。なければ分厚いカーテンでも良いけれど、光を遮るものが窓より外にある方が、断熱の効果大!

窓についているシャッター(Rollladen)はしっかり閉めています

芝刈り?暑い日は続かないので諦める

19時に芝刈り(20時以降に音を出してはならない地域もあるから)って、暑いわ、暑すぎる!

3, 4年前の夏は暑い日が続いたけれど、今年は30℃を超えるのはせいぜい明日までのようです。

芝生を刈るのは熱波が過ぎ去ってからにしようよ。19時って、まだ暑い!太陽はカンカン照り付けているし(本日の日没は21:38、予報の気温37℃)

猛暑だから、予約した列車のチケットを予定変更可

7月19日と20日は猛暑で注意報が出ている、ということで、「列車に乗ってお出かけしようと思っていたけれど、猛暑なら旅行日程を変更したい」という場合、キャンセル料なしで変更できるのですって。(長距離、指定席などで日程が決まっているチケット)

いつだったか、ドイツ鉄道の長距離列車で冷房が壊れていて、乗客がめちゃくちゃ暑い列車の中で我慢大会を強いられた、ということがあった(それも確か、一度ではない)らしいし、

冷房をあてに出来ないドイツだったら、あまりにも暑い日は家の中を暗くして、籠っておくのが一番かも。

shirousagi
shirousagi

かくいう私も、本日は予定を入れず、家に籠っているわ。

乗り放題の9ユーロチケットがあるというのに。

そういえば、1年でも暑いと言われる「ドッグデイズ(Hundetage)7月23日から8月23日だけど、今年はもうあまり暑くならないかも、ね。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

応援クリックをありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました