ドイツのTOFU(豆腐)で作る麻婆豆腐も悪くない!

麻婆豆腐料理
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、ドイツでせっせと主婦をしているshirousagiです。

はあ・・・考えたら主婦業も早くも30年。月日が経つのってはやい!

ドイツで日本人として主婦をしていると、よくこんな質問を受けました。

「どんな料理をしているの?日本料理?それともドイツ料理?」

最近はこの類の質問はあまり受けなくなりましたが。

特にドイツ人にとっては、日本人がドイツ料理を知っているわけないから、きっと日本料理を作っているだろうな〜と思われたようです。

30年近く前はドイツの家庭料理って、それほど国際色豊かではなかったので、日本の家庭料理もきっと和食ばかりで、「まさか、日本人はソーセージなんて知らないよね?」(これは極端かも)と思われていたようでした。

その当時から日本の家庭料理は国際色豊かでした。ドイツと違って。

ところが時代は変わりました!

ドイツでも家庭でお寿司を作る人も結構いるようだし、ソーセージなんて体に悪いから、と食べないドイツ人も少なくありません。(ドイツでほとんど唯一と言っていいくらい、「ドイツで美味しい物」がソーセージなのに、ソーセージ食べなくて、一体、この国で何を食べるんだ?)

なので、普通のドイツのお店で、日本独特(アジア独特)かと思われた食材が簡単に手に入るようになりました!嬉しい!

特にTOFUは10年位前からは普通に手に入るようになりました。

まあ、日本人の知っている豆腐とは少々違う、と言われればそれまでですが。

私はこのドイツのスーパーで売っているTOFUをよく買います。

今回買ったのはこれ。

真空パックされた豆腐が2つ入っています。1つ200g。

2つで400gで1.79ユーロ(約215円)でした。日本の豆腐とお値段を比較してはいけません!

何しろ硬いので、薄く切ります。水切り必要なし!(水切りをしても変化ないと思う)

ニンニク、生姜のみじん切りを入れて、ひき肉を炒め、豆板醤も入れたら、さっさと豆腐も入れてしまいます。

豆腐は崩れる心配がない!味も染み込まないけど。

醤油、砂糖、日本酒、鶏がらスープの合わせ調味料を作って、フライパンに投入!

ネギの輪切りも加えて、出来上がり!

大きなボールに出来上がった麻婆豆腐を全て入れて、テーブルに。各自が好きなだけ取って食べるのがドイツ流。

麻婆豆腐にはやはりご飯があう!

というわけで、ご飯も炊きました。味の濃い麻婆豆腐には少し玄米(って、ドイツのスーパーの物)を混ぜています。今回はお米を切らした時に買ったMilchreis(ミルヒライス・ミルクがゆ用のお米)が余っていたので、それも混ぜました。

一体、我が家ではどんなご飯を食べさせられるのやら・・・

お米は炊飯器で炊くので楽!

見た目は悪くないでしょ?

調味料の醤油、日本酒、鶏がらスープ、そして忘れちゃいけない、豆板醤はアジアン・スーパーで購入。

調味料は長持ちするから、鶏がらスープとか豆板醤は日本で買っていたのです。でも、今は一時帰国できないからね・・・こちらで買いました。

いつになったら日本に(面倒な検査や隔離期間なし、空港から公共の乗り物使用可)で行けるのかしらん??

(現在の一時帰国の条件が面倒なので、ドイツ居残りです)

ユウキ食品 四川豆板醤 225g 1 本
ユウキ食品 四川豆板醤 225g 1 本が中華醤ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

私のお気に入りの豆板醤はこれ。

四川料理の辛いのがたまらない〜〜!そして、豆板醤だけは日本のメーカーのものを使いたいので、これを日本から持って帰っていました。

豆板醤買いに日本に飛びたい!と思っていたところが、デュッセルドルフのアジアンスーパーでも同じものを見つけて、一安心!

一時帰国しなくても大丈夫だわ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました