クリスマスマーケットの季節になりましたが

クリスマスマーケットクリスマス
この記事は約3分で読めます。

昨日11月10日の午後8時ごろのアーヘン市長舎前です。

日本では夏でもイルミネーションが綺麗に飾られているところがある?のかもしれませんね。

ドイツでイルミネーションを見ると、それは「クリスマス」!

shirousagi
shirousagi

その昔、夏に日本に一時帰国した時、

夜にイルミネーションを見た就学前の息子、

「日本はもうクリスマスなの?」

アーヘン市の市庁舎前にはクリスマスマーケット(Weihnachtsmarktヴァイハツマルクト)が立ちます。

そろそろそのクリスマスマーケットの準備かな?

クリスマスマーケットと言えば、本日、11月11日にはデュイスブルクのクリスマスマーケットがはじまったようです。

スポンサーリンク

クリスマスマーケットは開催されるところもあるけれど

11月中旬からの暗くて寒い季節の楽しみと言えば、「クリスマスマーケット」なのだけれど、去年2020年のクリスマスマーケットは感染者数が激増して中止!(のところが多かったはず)

さすがに2年連続でクリスマスマーケット中止は辛い、というのか?ワクチン接種者が多いからか、今年は多くの町でクリスマスマーケットが開かれるはず!

・・・だけど、今、感染者数が激増中・・・がっかり

というわけで、(というより、すでに決定済みだったと思う)

クリスマスマーケットは開いていいけれど、2Gルールは厳守だよ!

という自治体が多いようです。

今日マーケットが始まったデュイスブルクもそう。

2Gルールとは

  • コロナに感染して快復している(Genesene)
  • コロナワクチンを接種完了している(Geimpfte)

どうやって検査するの?

クリスマスマーケット訪問者がワクチン接種完了しているか、もしくは感染して快復しているか、どうやってチェックするのかな?

クリスマスマーケットって、屋外で行われるし、普通なら特に入り口とかなくて、道端や広場に屋台などが並ぶだけなのに。

なんでも、(以下、デュイスブルクの場合)

  • 飲食をするコーナー
  • アイススケートリンク
  • 回転木馬などの乗り物
  • ショー

と言った、有料とかで、入り口があるところはしっかりチェックされるのですって。

その他の場所は(クリスマスグッズを売っている屋台とか)市とか警察とかがランダムにチェックするんだとか。

子供でもない、健常な人で、ワクチン接種していないのに、クリスマスマーケットに参加していたら

罰金250ユーロ(約32000円)!

shirousagi
shirousagi

3万円以上!

クリスマスマーケットに、そこまでして危険を冒したくないわ。

(ワクチン接種完了してるけどね)

マスクは?

ところで、屋外では義務ではないマスク着用はというと・・・

義務ではないそうですよ。まあ、ソーシャルディスタンスを取れないところでは「マスク推奨」なんだそうだけど。

寒いしね〜マスクして少しでも暖かい格好をして歩きたいですよね〜クリスマスマーケットは。

だけど、クリスマスマーケットの最大の楽しみって、

グリューワイン(ホットワイン)を飲みながらのおしゃべり!

という人が多いですよね。だったらマスク出来ないじゃん。。。

以上の規則は今日からクリスマスマーケットをしているデュイスブルクの場合です。詳しくは・・・デュイスブルクのクリスマスマーケット公式ページ(ドイツ語)

↑ここにある写真でも眺めて楽しむことにするかなあ?

去年も11月にソフトなロックダウンが始まって、12月には感染者はもっと増えて、1月には学校も閉鎖になって・・・だったのですよね。

この冬は、どうなるのだろう?せめて病気にならないように、免疫力をつけよう!っと。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

応援クリックをありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました