骨折しましたの入院日記・10日目〜いよいよ退院

薬日記
この記事は約3分で読めます。

まさか、の骨折で入院して手術を受けたshirousagiです。

入院10日目にして、いよいよ退院へ。シャバへ解放されるわ〜

前回、入院9日目の日記はこちら↓

スポンサーリンク

退院手続きの入院10日目

手術も無事に終わり、術後経過も順調らしくて、入院9日目に「明日は退院」となりました。

主任医師の回診

退院は午前中なので、前日に主任医師が回診に。

  • 退院2週間後と6週間後に検診に来ること
  • 退院したらリハビリを受けること

リハビリは

  • リハビリ病院に転院する
  • 自宅でリハビリを受ける
  • リハビリの施設に通う

の3通りのどれかに。だけど施設入院は今どこも満室だ、と。

リハビリ病院に入院する気は最初からなかったので、理学療法士さんに自宅に来て貰えばいいな、と思い、自宅に帰ることに決定!

shirousagi
shirousagi

もうドイツ飯はしばらく遠慮する〜!

(なのでリハビリ病院に入院したくない)

質問用の回診

退院の当日、ちょっと若いお医者様がやってきて「質問を受け付けます。なにかありますか?」

以前入院した時は、この「質問受付」はなかったなあ。

手術した腕と肩で、やってはいけない動きを教えてもらって、終了。

骨折して手術した後って、あまり動かせなさ過ぎでも、筋肉が固まってしまうし、かと言って、術後に無理な動きをすると、体を痛めてしまうし・・・と心配で。

退院時にもらったもの

退院の日は、ナースステーションで手紙(Briefブリーフ)を貰えば退院手続き完了です。

(支払いは請求書が郵便で来るか、病院が保険会社に直接通知請求するので、退院時は必要なし)

医師からの手紙(診断書)

病院の主治医からホームドクター宛に書かれている手紙(直訳すると「手紙」になる)をもらいます。

大抵2通で1通は患者用。だけど、宛名はホームドクター。なので、内容は医学専門用語で書かれていて・・・

shirousagi
shirousagi

なんのことか、よくわからないよぉ〜

です。でも、自分の体のことなので、せっせと読んだけど。

職場への病欠届

ドイツで会社員をしていて嬉しいのは、病気の場合は病欠。有給休暇が減らずに、ちゃんと給料がもらえます。会社、休んでいるのに。

この病気休暇を所得するには、開業医や入院先の病院からの証明書が必須。

退院時にお願いして病気の証明をいただきました。

入院中は

  • 痛み止め
  • 胃薬(痛み止めが胃に負担をかけるので)
  • 血栓症予防の薬

この3種類を服用していました。これを退院後も服用しなくてはなりません。

この薬の処方箋をもらって、薬局で薬を購入します。

この中の「血栓症予防ののみ」、これ、めちゃくちゃ嬉しかったんです!

だって、これまでは血栓予防は注射だったんですよ。

今回の入院では、最初の2日間は注射でした。

主治医に「血栓症予防の注射をしてもらわなかったら、看護師に連絡して、絶対に忘れずしてもらいなさい!」と念を押されていました。

shirousagi
shirousagi

そこで看護師さんに尋ねたら、

「今は飲み薬なのよ〜この方がいいわよね!

やったあ〜!

数年前の骨折の時は、血栓症予防の注射に弾性ストッキングを穿かされたけれど、今回はストッキングなし、注射なし。

飲み薬を1日1錠だけって、楽勝!!

shirousagi
shirousagi

製薬会社の皆様、ありがとう〜

さ、帰宅しよ!我が家で愛娘(うさぎのHAPPY)が待っている!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

応援クリックをありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました